まどろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

<<   作成日時 : 2006/02/26 12:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

何年前かとても流行った英語の本です。ブックオフに立ち寄ったら1300円のこの本がなんと105円。作家にとっては儲からない時代になったものです。

さて、本の内容は、「世界一簡単な」と言うくらいですから、簡単なんだろうと思って本を開いてみると、確かに、中学で習ったような文法用語は全く出てきません。英語の基本は「A→B」だけだ、後はb全部付属品もしくは化粧品(文)だという考え方で構成されています。難しい話は何一つ内容に見えます。しかし、これを英語が苦手な人が読んで最後まで理解できるのであろうか…?英語って単純なんだよ、単純に解説ますよ、としているから、よけいに混乱を起こしているような…
これを英語初心者に?というのは甚だ疑問ですが、英語の文の構造がわかっている人が読むと、「あ、英語の文ってこういう風にわかりやすく読むことができるのね」っていう気づきがあるかもしれません。

話の内容は、「太った猫」と「パイ屋さんエド」のほのぼの話です。ブルーベリーパイを泥棒する猫とエドのバトル話です。最後には意外にもお涙ものヒューマンタッチで終わっています。英語導入の物語として、素直に楽しめるストーリー展開だと思います。

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本 まどろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる