まどろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 知性の磨き方 / 林望 / PHP新書 1996

<<   作成日時 : 2006/03/31 01:50   >>

トラックバック 1 / コメント 0

読破までの時間:3日間

話す口調で書かれており、親しみやすそうでいて、実は文体に慣れて読み進めるのに結構時間がかかりました。

3日間の講義形式になっています。第一日目「学問の愉しみ」第二日目「読書の幸福」第三日目「遊びは創造」。印象に残っているのは、常にたゆまず学問することを心に留めておかないと行けない、アウトドアに行くくらいなら読書しようよ、遊ぶって言うのはなにも外に出るだけでなくて、家でごろごろしていることも遊びにはいるのだということ、でしょうか。ここで言っている学問というのは、知識の断片だけを得るためのカルチャースクールでのまなびではなくて、すべて広くに共通する考え方とか、問題解決能力を身につけるためのまなびをしましょう、ということみたいです。

この作者は声楽を趣味で初めて、それが高じて、作曲までしている、っていう下りが、何か心に残りました。

全体的に見て、一見論理だっているようで、実は何を言っているのかよくわからなかったので、この本の一番最後のまとめを少し引用しておきます。ここが、作者の一番にいたかったことだと思います。

「諦めず、惓まず弛まず、いつも前を向いて最前をつくして努力さえしていれば、やがて天がそれを認めてくれるだろう。(本居)宣長のいうように、志と努力さえあれば、晩学だからといて諦めるには及ばない(この場合の晩学は定年後の暇な時間を潰すことは含まれない)
そして、その忙しい生活に疲れたら、そっと休もうじゃないか。人里離れた山林に隠れて、あるいは古い友人と下らぬ話にでも打ち興じて…。
いつも何かをしていること、そして時には、一切何もしないで、茫然と時を消すこと、そうやって、人生は忙しく、苦しく、そして楽しく過ぎていくのである。」(カッコのなかは、拙注)





知性の磨きかた
知性の磨きかた (PHP新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
知性の磨きかた (PHP新書) 林望著
林 望知性の磨きかた ...続きを見る
デミアンの本棚
2007/08/05 14:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
知性の磨き方 / 林望 / PHP新書 1996 まどろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる