まどろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育に穴が空く

<<   作成日時 : 2008/11/08 03:18   >>

トラックバック 0 / コメント 2

木曜日のクローズアップ現代が教育について取り上げていた。非常勤講師にスポットを当てていたものだが、それを通して日本の教育行政の矛盾を説くものになっていた。以前に現場にいたものとしては少し物足りないところもあったが、今の施策のまずさは十分に伝わるものであったと思う。


非常勤講師は1授業あたり2500円で働いているという(広島県?)。講師は授業には責任を持つが、生徒指導の面では責任を負ってないように感じる。非常勤講師は自分の授業が終われば学校を去り、生徒指導はほぼ専任の教員だけでなされていると感じる。

生徒指導・・・何か学校で生徒が問題行動を起こしたときの対応だけが生徒指導であるかのように捕らえられているような気がする。しかし学校だけでなく家庭を含む全ての教育活動の場で、日々の指導で心の通った指導を通して子供が自分自身への理解を深め、自立し、社会生活に必要な能力を高めることを促し助けることだとおもう。

こういった今の講師の機能の中で、学校という場所で、教師は授業だけ面倒をみているのではなくて生徒の成長や心のケアをしている。ところが、この非常勤が増えるとなると専任の教員は減り、学校全体の、特に生徒の心をケアすることを中心とする教育の質が落ちてくる。

数の部分で専任の教員を減らして非常勤を増やし、浮いたお金で他にまわす。地方の経費削減、公務員の削減による教員削減に手をつけざるを得ない。定数を減らすという国の方針と、きめ細かな指導という矛盾した施策を両立させようとしているが、それは無理なんじゃないかな。

義務教育は国民のライフラインだという。それが崩れて行くということは、日本の将来に不安を残すことになる。教育は労働集約的な営み。お金も人もかけないということでは質を維持させようというのはあまりにも無責任だと思う。

学校は「現場の努力によって、何とか授業を成り立たせている状態」


番組で紹介されていた学校は、病気で休職した先生の代わりが見つからず、自習が続く。中間試験3週間前。結局、人材が見つからず理科の定期試験は見送り。生徒への影響は。保護者への説明は。

もうひとつの学校は、非常勤の数学の講師が見つからず、体育の教師が数学と体育を兼任する。その講師は数学の免許は持っていない。過去に数学が得意だった、という先生が専門科目を教えられるのだろうか、、、・・・体育と数学の授業の合間に、スーツに着替えさせる・・・私の先生最後の年のO校長も、体育や美術教師にスーツを着ることを求めていたっけな・・・


・収入を稼ぐために非常勤講師として4つの学校をかけもち。
・契約は最長で1年間。延長は確実でない。
・非正規教員の期間は採用試験の経験期間として考慮されない。
・研修の機会がない
・生徒とのふれあいの時間は持ちづらい
・個人の力量に頼られる
・理科数学外国語の授業時間数が増える
・地方自治体が教員の人件費の2/3を使用する。

やっぱり杉並が紹介された。財政力のある自治体として、世紀採用職員を増やしている。杉並師範塾。教員免許ホルダーを1年かけて育て、その後杉並区で教師として独自採用される。2億円の予算。少人数の30人学級。->地域格差。これまで教員は都道府県一括採用だった。ところが、市区町村でも人件費をすべて負担すれば自治体で採用できる。潤う自治体が教育も潤す。格差は広がる。教育だけではない。

この番組について、コメントされていたサイト。
http://shinka3.exblog.jp/10083389
http://winter-cosmos.cocolog-nifty.com/first/2008/11/post-552e.html


--------------------------------------------
11月6日(木)放送
教育に穴が空く
〜“非正規”教員 依存のひずみ〜

いま全国の公教育の場で、教員が確保できずに授業に穴が空くという事態が相次いでいる。財政難に苦しむ多くの自治体では、ここ数年、教育予算を抑えるため、正規の教員数を削減し続けてきた。その一方、教育現場には、少人数学級など「きめ細かな教育」が求められている。そうした中、増えてきているのが、時間給の非常勤講師など、人件費が安い"非正規"教員。現在、その数は教師全体の少なくとも14%に上っている。しかし、"非正規"教員への依存度があまりにも高まったため、その確保ができない学校が出てきているのだ。 非正規教員に頼り続ける公教育の歪みに迫り、教師とは何か、教育とは何か、その原点を探る。
(NO.2655)

スタジオゲスト : 藤田 英典さん
    (国際基督教大学教授)
 



 

Watch cug1106 in How to Videos  |  View More Free Videos Online at Veoh.com


格差社会と教育改革 (岩波ブックレット NO. 726)
岩波書店
苅谷 剛彦

ユーザレビュー:
薄いながらも中身は濃 ...
学力低下は学力二極化 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、TBありがとうございます。

例えば、学年1クラスの中学なんかだと、先生の人数も少ないわけで、音楽の先生が体育を教えられているとか、複数の教科を持つのは当たり前のように聞いていました。
採用試験も複数科の免許を持っていないと駄目とか。

クローズアップ現代は、好きでよく見ていますが、この日の内容は拡大枠でとりあげて欲しいくらいでした。
帰宅したばかりで、ゆっくり見られていませんでしたから公開していただいて嬉しいです。

winter-cosmos
URL
2008/11/08 12:53
コメントありがとうございます!!!
1教科1教師は大都市圏だけの特権かもしれませんね。私の先生仲間にも、国語の先生に英語を教わっていた人がいました。

まどろぐ
URL
2008/11/14 00:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
教育に穴が空く まどろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる