まどろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS La ricordanza / Vincenzo Bellini ベリーニ「追憶」ベッリーニ

<<   作成日時 : 2012/05/12 22:40   >>

トラックバック 2 / コメント 0

よい対訳がないので自分で翻訳機にかけてみました。




La ricordanza
Language: Italian

Era la notte, e presso di Colei
Che sola al cor mi giunse e vi sta sola,
Con quel pianger che rompe la parola,
Io pregava mercede a martir miei.

Quand' Ella, chinando gli occhi bei,
Disse (e il membrarlo sol me, da me invola):
Ponmi al cor la tua destra, e ti consola:
Ch'io amo e te sol' amo intender dei,

Poi fatta, per amor, tremante e bianca,
In atto soavissimo mi pose
La bella faccia sulla spalla manca.

Se dopo il dole assai piu duol l'amaro;
Se per me nullo istante a quel rispose,
Ah! quant' era in quell' ora il morir caro!


--------------------------------------------------------------------------------

recollection
Language: English

It was night, and beside Her
Who alone reached my heart and there remains alone,
With those tears that impede words
I pleaded for pity on my anguish.

When She, lowering her lovely eyes,
Said (the mere memory of it makes my head whirl):
"Place your hand on my heart, and be consoled:
You should know that I love you and you alone",

This said from love, pale and trembling,
In the sweetest of acts she leaned
Her lovely face on my left shoulder.

Even if, after this bliss, grief was far more bitter,
Even if; for me, no moment matched this,
Ah! how dear was dying in that hour!



--------------------------------------------------------------------------------
google翻訳

日本語
翻訳
歌詞
意味
対訳


回想・追憶

それは夜だった、彼女が横に
誰か私の心にやってきて、それだけが残っている
言葉の邪魔をするのは涙で
私は自分の苦悩に同情してくれるよう嘆願した。

彼女の美しいまぶたを下げたら、
「単なる記憶が私の頭をかきまわす」と言った
「私の心に手を置くと、慰められ
私が愛しているのはあなただけだ」と覚えておいて。

これは薄いと震え、愛、、から言いました
行為の甘い、彼女は身を乗り出し
私の左の肩に彼女の美しい顔。

たとえは、この至福の後、悲しみは、はるかに苦かった
たとえ、私にとっては、全くの瞬間、この評価基準に合いませ
ああ!どのように愛する、その時間で死にかけていた!

--------------------------------------------------------------------------------
yahoo 翻訳

追憶

そして、Herと比べて、夜でした
そしてその人は単独で、単独で私の心臓とそこの残りに着きました、
語を妨げるそれらの涙で
私は、苦悶に関して哀れみを嘆願しました。
彼女の美しい目を落として、Sheとき、
言われます(それの単なるメモリは私の頭を回らせます):
「あなたの手を私の心臓に置いて、慰めになられてください:
あなたは、私が単独であなたとあなたを愛しているということを知っていなければなりません」、
青白くて、震えて、これは愛から言いました
行為で最も甘いものにおいて、彼女は乗り出しました
私の左肩の彼女の美しい顔。
この幸福の後、たとえ悲しみがはるかにより激しかったとしても、
もしもさえ; 私にとって、瞬間はこれにマッチしませんでした、
!ああ、なんて、愛するものはその時間に死んでいたでしょう!

http://www3.cty-net.ne.jp/~kato543/Aria/QuiLaVoceSuaSoave.htm


V. Bellini: I puritani -"Qui la voce sua soave"
オペラ清教徒 あなたの優しい声が

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
La ricordanza / Vincenzo Bellini ベリーニ「追憶」ベッリーニ まどろぐ/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/04 03:03
プラダ 財布
La ricordanza / Vincenzo Bellini ベリーニ「追憶」ベッリーニ まどろぐ/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/05 17:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
La ricordanza / Vincenzo Bellini ベリーニ「追憶」ベッリーニ まどろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる