起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 勝間和代

最近、1000円以上の本は図書館を利用しています。
この本も、ずっと気になっていた勝間本で、でも本屋で立ち読みして何となく内容が今までの本と同内容と察知したので図書館を利用しました。(チャボ!に協力できなくてごめんなさい。)

キーワードは
メンタル筋力
セレンディピティ
三毒追放運動「ねたまない怒らない愚痴らない」
アサーティブネス活動

なんか・・・
この人、本を出版するごとに、これまで書いている内容+αプラスアルファをつけようとして、
どんどんルールやら決まりごとやらが増えていく気がする。

こんなに自分で自分を縛って、苦しくないのかね、、

ある意味、カリスマとして君臨するためには、
ミスやエラーなどの間違いや、悩みや迷い、
そういったものを排除していないと、その地位を維持し続けられないのかも知れないけど、
苦しそう。。。

精神科医の香山リカが「勝間和代を目指さない」と言ったのも
わかる気がする、、、

どっちの考え方もあり、で、どちらが正しいのか論じる気はないけど、

がんばってる自分のときは「勝間」思考で、
休息を求めている自分のときは、「香山」流で、

うまく使い分けられれば、すごく楽で自分らしくいられると思った。



起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
ダイヤモンド社
勝間 和代

ユーザレビュー:
独立のすすめこのよう ...
文章がヘタ?ある雑誌 ...
いつもピースが足りな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック